リーダー論

デレク・シヴァーズ「社会運動はどうやって起こすか」フォロワー数を増やすためのメカニズム

リーダー論

今回はTEDからデレク・シヴァーズ「社会運動はどうやって起こすか」のスピーチをご紹介します。

デレク・シヴァーズ氏はこのように語っています。

TEDではリーダーシップに関する話題も多いが、今回は3分の動画を実例にして社会運動の起こし方を見てもらい、教訓を得てもらいたい。

映像の中では、まず初めに1人の男が裸で踊っている映像が出てきます。

周りは特に何もせずに、1人の男はそれを気にせず1人でバカになったように踊っています。

周りはその光景を見ているだけです。これがいわゆるリーダー(先駆者)となります。

ずっと1人で踊っていると周りで見ていた人の中からフォロワー(追随者)が現れてきます。

リーダーは1人で始めるのは大変ですが、フォロワーであれば非常に簡単です。後に続くだけですから。

しかし、このフォロワーが今後重要な役割をします。ここでリーダーはフォロワーを対等に扱い、一緒にバカ騒ぎを続けています。

フォロワーはリーダーが対等に扱ってくれたことで友達に声をかけてさらに2人目フォロワーとなり一緒にバカ騒ぎを始めました。最初のフォロワーの存在が一人のバカな男をフォロワーをまとめたリーダーに変えたのです。

3人いると1人のバカでも2人のバカでもなくそれは集団となります。

そうなるとさらに周りからの目を引きニュースになり、運動は公のものとなります。

さらに3人だった集団は10人近くの集団に膨れ上がりました。ここまでくると勢いづいてきています。

もう最初のリーダーは目立っておらず集団に溶け込んでおり、バカにされることもなく一つの公な運動となっています。ここまでくるとみんなが集団に入ろうとします。集団に入らずに周りで見ている方がかえってバカにされてしまうことになるからです。

最後は周りにいたほぼ全員が集団に加わりバカ騒ぎを始めました。

まとめ

  • 最初のリーダーの男が続いてくれたフォロワーを対等に扱ったように最初の何人かのフォロワーは対等に扱うことを覚えるべき。
  • 最大の教訓はリーダーシップが過大に評価されていること。1人のバカを変えたのは最初のフォロワーだった。
  • 本当に運動を興そうと起こそうと思うならついていく勇気を持ち、他の人たちにもその方法を見せること
  • すごいことをしている孤独なバカを見つけたら立ち上がってついていく最初のフォロワーとなってほしい
  • その結果、最後には大きな社会運動を巻き起こす

デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」(本編:約3分)より

タイトルとURLをコピーしました